• Marui Gas災害救援隊訓練を行いました!

    2016年10月21日(金) マルヰ産業㈱糸満センターにて Marui Gas災害救援隊訓練を行いました!

    (訓練内容) 【LPガス設備復旧訓練】 各家庭に設置されているガスメーターは、震度5以上を感知すると 自動でガスを遮断します。 その後、安全確認がとれたら、ガスメーターの復帰ボタンで 再使用が可能になります。 LPガスは、異常がなければすぐにガスの使用を再開する事ができるので 復旧が早く、災害に強いと言われています。

    訓練では、倒れているボンベを立て直し、チェーンで固定し 電気式ダイヤフラム式自記圧力計(セーバープロ)で、 ガス漏れ確認を行いました。

    【LPガスタンク散水訓練】 地震により、タンクに火災が生じた場合 圧力の上昇により、容器が破損する危険性があります。 そこで、消防隊が駆け付けるまでの間、1分間に2トンの水を流し タンクを冷やす事で、容器破損を防ぎます。

    訓練では、実際の災害を想定しタンクへ散水を行いました。

    【緊急防災工具、使用方法の確認】 災害時に、発生してしまったガス漏れの応急処置を行う 工具について、使用する際の注意事項を確認しました。

    【救護訓練】 消防の方に来て頂き、心肺蘇生の手順とAED使用方法を習いました。

    (心肺蘇生のポイント)

    ・胸の真ん中を、肘を曲げずに押す。

    ・一定のリズムで、胸 が4cm~5cm沈むほど強く圧迫する。

    (AEDのポイント)

    ・AEDは音声や画像で指示を出すので、その指示に従って行動する。

    ・電極パットを貼りつける時は、肌に密着させてしっかり貼る。

    訓練を通し、いつ起こるか分からない災害に備え これからも防災意識を高めて参ります。

    ]]>